vol.4 東京の野生児ツッチー「都会の人と森をつなぎたい」

森の“凄さ”伝える仕事

御岳渓谷の岩の上でくつろぐ(右が土屋さん)

御岳渓谷の岩の上でくつろぐ(右が土屋さん)


 緑豊かな御岳や奥多摩を舞台に、自然と共に生きていくことを仕事にしている男性がいる。その肩書きは、「森の演出家」「東京最後の野生児」「鳥と会話できる男」「ヤマメを素手で採る男」「アウトドアシェフ」……、ネイチャーガイド“ツッチー”こと土屋一昭さん(36)に会いにいった。

 「お、メジロだ!」……「ピィピィーー」「ピィーー」
 メジロの鳴き声と土屋さんの発する音とが混ざり合って辺りに響き渡る。「シジュウカラも、あ、メジロも来た。今日はにぎやかだね」
 御嶽駅から徒歩5分ほどの御岳渓谷。土屋さんのホームグラウンドだ。この日は、土屋さんが森の歩き方やガイドの方法などを教える「森の演出家育成講座」に、「将来、ネイチャーガイドのような仕事をしたい」という京都市の大学生、外村璃絵さん(20)が参加していた。
 橋を渡っていると、真っ黒なカワウが川面の上を旋回しているのが見える。魚を探しているようだ。狙いを定めて一気に水面下に潜る。10数秒後、くちばしに何かをくわえながら数㍍離れた場所から出てきた。ニジマスだ。潜っては獲物を飲み込む作業を数回繰り返した後、しばらく川辺で羽を広げている。「カワウは水面下に潜りやすいように、他の水鳥より羽の油分が少ない。一度潜ると羽がぬれてしまうので、次に飛び立てるように乾かすんです」と土屋さん。

古民家を拠点に

川沿いで、食べられる草を探す

川沿いで、食べられる草を探す


 川沿いをのんびり歩きながら、スギとヒノキを葉っぱで見分ける方法や、疲労回復などのヒノキの葉の効用を学ぶ。湧き水の周りに生えるユキノシタやヨモギ、セリ、クレソンなどの食べられる草の香りをかいだり口に含んだり。それぞれの効能や似ていても食べられないものとの見分け方を学んでいく。
 御嶽駅のホーム北側にある築約150年の古民家、通称「ツッチーハウス」。土屋さんはここを拠点に、トレッキングやノルディックウオーキング、釣り、アウトドアクッキング、苔玉作り、星空観察など幅広い活動を実践し、提供している。
 「めざすのは、五感を通じて自然の楽しさ、面白さに気付き、日常に潤いを取り戻してもらうこと。都会で暮らす人と自然との距離を近づける手伝いをしていきたい」という。

「森と生きていこう」

奥多摩ワサビ入りの水ギョーザ作りなど、古民家でのイベントも好評

奥多摩ワサビ入りの水ギョーザ作りなど、古民家でのイベントも好評


 青梅市生まれの土屋さん。自転車で10分もすればホタルに出会えるような環境だった。物心つくころから、母鳥への愚図りや異性への求愛、仲間への誘いかけなど、鳥のさえずりの意味が聞き分けられたという。
 高校卒業後は製薬会社に就職したものの、半年で退社。その後は八百屋、ラーメン屋、警備員など、様々なアルバイトをしながら24歳で調理師免許を取得した。
 都内で数年間働いたが、森のことを忘れたことはなかった。ソバ屋での修行時代に心身共に疲れきった時、釣り仲間と1週間ほど森で過ごした。「最近鳥と話さなくなったな……」。深呼吸しながら「自分は森にいないと元気にならない。あらゆることを教えてくれた森と共に生きていこう」と、森で働く気持ちが定まったという。
 2009年、奥多摩町で第一号となる「森林セラピーガイド」の資格を取得。11年夏からは御岳の古民家を借り、ニワトリを飼い、野菜作りにも挑戦しながら自給自足の生活もめざす。

「今の仕事は天職」

巨岩の上でストレッチ

巨岩の上でストレッチ


 会社員を辞めて昨秋から「森の演出家事務局」スタッフとして働く佐藤麻美さん(29)は「家と職場を行き来するばかりの忙しい日々を経て、久々に自然に身を置いた時、優しく見守ってもらえるような気持ちになった。変化する自然の中にいると五感を研ぎ澄ませることができ、忘れていた感覚を取り戻せる気がします」と話す。
 スタッフ4人とともに森を駆け巡る土屋さん。ネイチャーガイドを仕事にしようとした際は周囲からの反対もあったが、「人間は森に癒され、恵みをいただいて生かされている。と同時に、森は時に牙を向き、人は死に至ることもある。そんな森の『凄さ』を伝える仕事は天職」だという。「今後は、各地に同様のスポットが広がるよう森の演出家を育成していきたい」

ツッチーと一緒に出来ること

苔玉教室、ヨガ教室、山菜講座、ノルディック教室、
釣りピクニック、野鳥観察、リスクマネジメント講座、
ネイチャーウオーキングなど(組み合わせなど問い合わせを)
http://www.tokyomountain.jp/
電話番号:080-6788-5073

イベントの拠点”ツッチーハウス”

イベントの拠点”ツッチーハウス”

Comments are closed.