vol.83【特別編 7】おうちで、つくって食べcoco

簡単にできておいしい「あと一品」は、応用も

店主の佐藤和子さんが、栄養士の経験を基に、こつこつ学んだ長岡式酵素玄米とマクロビオティック料理を加えて、心にも体にも優しい料理を出している「オーガニックカフェ コトコト」。店名の「コトコト」は、調理している鍋の中の状態を表していて、「グラグラ」や「フツフツ」よりもじっくりと静かなようす。佐藤さんの「鍋の表面が微笑んでいるような」という言葉は、そのまま店のイメージです。
JR五日市線「武蔵引田」から徒歩10分ほどの店は、背後をメタセコイア並木に見守られた、童話の中のおうちのようなかわいらしさ。感染拡大防止のためお休みしていた期間もありましたが、今は、席数を減らし、換気を良くして営業中です。オンラインショップでは、動物性の材料を使わないマフィンを販売しています。
ランチのデリプレートにつく小鉢のおかずは、シンプルなのにしみじみおいしく、以前に取材した際にも作り方を聞いてしまったほど。あのとき快く教えてくれた佐藤さんに、今回はあらかじめお願いして、ふたつのおかずを教えてもらいました。
「さつまいものココナツミルク煮」と「柿の白和え」。どちらもあえて細かい分量は書きません。味をみて加減しながら、自分に合った味付けを見つけてほしいから。「まあ、とにかくカンタン!」と、ニコニコ笑う佐藤さん。「さつまいものココナツミルク煮」は、砂糖を入れないのに甘い! つぶしてスイートポテト風おやつにしても良さそう。「柿の白和え」も、具を他の野菜に変えたり、和え衣をグラタンのホワイトソース代わりにしたりと、応用できます。

店舗情報

オーガニックカフェ コトコト
■西多摩郡日の出町平井226-5
■電話番号042-588-5920
■11:30〜15:30
■定休日・日曜/月曜
■ホームページ https://koto-koto.com/
■オンラインショップ
https://kotokoto-sweets.stores.jp/

Comments are closed.