vol.81【特別編 6】おうちで、つくって食べcoco

簡単、おいしい。子どもも大人も好きな韓国のおかず

 昨年の9月5日号で紹介した、国立市谷保の韓国料理「玉ちゃんの家」が、7月末に閉店。店主の「玉ちゃん」こと小湊玉正(こみなと ぎょくせい)さんは現在、国立市内四カ所の店(※)で販売するキムチとお惣菜作りと、新しい店舗を探すことで忙しく過ごされています。そんな玉ちゃんに、簡単でおいしい韓国料理レシピをふたつ教えてもらいました。
「ヤンニョムチキン」と「カボチャのナムル」。ヤンニョムというのは、韓国の万能調味料で、チキン以外にも応用範囲の広いもの。材料もおうちにあるようなものばかりで、「コチュジャン」も、最近はスーパーでも手に入ります。
玉ちゃんが日本に来て驚いたもののひとつが「鶏の唐揚げ定食」だそう。韓国もフライドチキンは人気だけれど、「おやつ」か「お酒のつまみ」で、「ごはんとは食べないの」と。ヤンニョムチキンもおやつとして、またはビールと一緒に食べるとのことです。でも甘辛い味はごはんと合うのに、とつぶやいたら、「うん。ごはんと食べたっていいのよ!」と豪快に優しく笑ってくれる玉ちゃんでした。
カボチャのナムルは、ごはんのおかず。つまみとしても良し。ナムルはよくご存知の方も、カボチャで!? と驚くのでは。旬のカボチャを、煮物とは違う味わいでいただけて、新鮮な驚きがあります。
「お客さんやスタッフ、みんなが待ってくれてるから、ほんとうにありがたい。あせる気持ちもあるけど、心を落ちつけて、今年中には新しいお店をオープンしたいと思っています」。楽しみです!

※国立市内の「あひるの家」「しゅんかしゅんか」「とれたの」「広島屋」で、玉ちゃんのキムチとお惣菜販売中。お惣菜は、「あひるの家」「とれたの」が水曜日、「しゅんかしゅんか」が金曜日販売です。お惣菜の種類など詳しいことは、玉ちゃんの家のFBページでお知らせしています(FB「韓国料理 玉ちゃんの家」で検索)。

Comments are closed.