vol.53 ヴィヴェール

細やかな和食とお酒 季節の味を楽しんで

01_P138_tabe_02 JR青梅線「東中神」駅北口を出て左に行くとすぐ。店名はポルトガル語の「生きる」という意味の「ヴィヴェール」。
 店主の板谷竹生(いたやたけお)さんは、サッカー、フットサルの選手として活動。飲食店でアルバイトしながら、府中のフットサル強豪チームで活躍。現役を引退してから、改めて修行をし、2017年5月に開店した。ランチは、魚か肉をメインにした定食が880円。リーズナブルなのに、細部まで丁寧に作られている。
 ディナータイムはメニューも増えて、厳選した日本酒も楽しめる。「マグロ刺し」(980円)は、「食べてもらいたい一品」。生マグロのいいものだけ選んでいる。「野菜の酒粕味噌焼き」(790円)は、石川酒造(福生市)の酒粕で作った味噌に野菜をからめて味わう一品。「ゴーヤの味噌和え」(380円)は、開店当初からの人気メニュー。ゴーヤが手に入らない冬場にも「あれが食べたい」とお客さんからリクエストされたほど。シメはごはんをぜひ。妻の恵美子さんの田舎から届く、筑波山のふもとで育てられたコシヒカリ。ごはんと味噌汁と自家製梅干しでシンプルにシメるもよし、出汁茶漬けもできる。焼きおにぎりは、外側カリカリ内側ふっくらの幸せな味。(値段は全て税別)

店舗情報

住所:昭島市福島町1014-34-101
電話番号:042-808-7724
営業時間:昼・11:30~14:00(LO13:30)
     夜・17:00~22:00(LO21:00)
定休日:日曜日、祝日/土曜日の昼

「手をかけたおいしいものを出したいと思っています。カジュアルでオープンなお店です」(板谷店主)

「手をかけたおいしいものを出したいと思っています。カジュアルでオープンなお店です」(板谷店主)

Comments are closed.