vol.16 蕎麦と雑穀料理 杜々(とと) 八王子

お酒と似合いの雑穀料理、蕎麦でしめる小粋な休日

01_P056_tabecoco_01 JR高尾駅と京王線高尾山口駅の中間あたり。南浅川の上流である通称小仏川沿い。川をはさんで反対側には「高尾駒木野庭園」があり、駅からは15分ほど歩くが、ぶらぶらと散歩するにもいいところだ。民家の玄関で靴をぬいであがると、庭に面したこじんまりした空間に卓袱台がいくつか。友だちの家に遊びに来たようなくつろぎを感じる。庭にもテーブルがあり、高尾山登山のお客さんに人気だそうだ。
 店主の石井智也さんが、8年の蕎麦屋修行の後に、2011年暮れにオープンした。妻の佐千代さんが雑穀料理を習っていたので、蕎麦屋ならではのメニューの他に、雑穀を使った料理もある。「自家製おぼろ豆腐と旬菜サラダ」(750円)は、地元の峰尾豆腐店から買う豆乳を使って店で手作りしたおぼろ豆腐に、旬野菜を添えたサラダで、雑穀を生かした自家製ドレッシングが決め手。この日は「うるちきびのレモンドレッシング」。レモンのさわやかな酸味にうるちきびの食感が「食べごたえのある」ドレッシングになっている。2、3週間ごとに内容が変わる「前菜盛合せ」(800円)は、ひと工夫された旬の味の盛合せになっていて、蕎麦前にぴったりの一皿だ。
 蕎麦は、皮をむいた状態の「ヌキ」といわれる蕎麦の実を仕入れ、石臼で自家製粉してから打つ。つゆはしっかりした深みがあり、最後に蕎麦湯を入れて飲むと、ほっとするようなまろやかな味になる。

「緑いっぱいの周囲の自然に助けられている店です。のんびりくつろいでいただければと思います」

店舗情報

住所:八王子市高尾町2031
電話番号:042-673-5592
営業時間:昼・11:00~15:00(LO)
     夜・17:30~20:00(LO)
定休日:火曜日、第3水曜日

02_P056_tabecoco_02

Comments are closed.