vol.2 古酒と沖縄料理 首里乃家(しゅりんち) 国分寺

自然の味を大切にした気軽に楽しめる沖縄料理

01_P036_tabecoco_03

 国分寺駅南口から徒歩2分。東京生まれながら沖縄が大好きというオーナーが、都内で沖縄そばの製麺所「首里製麺」を営む友人とともに始めた店。「沖縄を国分寺に持ってきたい」が原動力だったそう。
 この「麺」がおいしい。沖縄で「そば」と言えば、蕎麦粉ではなく小麦粉でつくる麺で中華麺と似ている。「企業秘密」でつくっているというこの沖縄そばは、確かに私が沖縄で食べた麺とも少し違う。細めの麺でつるつるしこしこした独特の食感。豚肉をのせた「ソーキそば」もいいけれど、おすすめは「素そば」! スープと生姜とネギだけでいただくシンプルなそばで、たらふく食べて呑んだ後にもつるっと食べられる。(※「素そば」はメニューには載ってないけれど、注文すればつくってくれます)
 料理は、沖縄料理を中心に、オリジナルの料理もある。スタッフに沖縄出身の方はいないそうで、伝統的な沖縄料理というより、東京の人の口に合うように工夫した沖縄料理。
 店長の新井泰子さんが「化学調味料は使わず、自然の優しい味、手づくりの味を大事にしています」と言うように、料理はどれも後味が良いので、ついたくさん頼んでしまう。とりあえず「自家製ジーマミー(落花生)豆腐」あたりを頼んで、ゆるゆる呑み始めたい。
 飲み物は泡盛を30種ほど揃えるほか、オリオンビール、焼酎やサワー、カクテル、日本酒も置いている。
 ※ランチタイムは、麺類などのランチメニューのみです。

掲載店情報

電話番号:042-300-2146
住所:国分寺市南町3-15-2
昼:11:50~14:00(LO13:30)
夜:17:00~23:00(LO22:15)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日休み)

02_P036_tabecoco_01

Comments are closed.