vol.60 エジプト料理 スフィンクス

一度食べてはまる人続出 優しい味のエジプト料理

01_P152_tabe_11 西武池袋線秋津駅南口から徒歩2分。店内にはスフィンクスの置物やエジプトの民族衣装。お香がふんわり香る。
 シェフのムハンマド・ガマルさんは、エジプトの高校在学中からレストランで働き、大学で体育教師の資格も取ったが、料理人の道を選び、3軒のレストランを経営するまでになった。日本が好きで2011年に来日。日本人女性と結婚し、2014年に開店した。
 北アフリカに位置するエジプトは、古代から高度な文明を持ち、豊かな食文化も誇る。「コシャリ」(スープ、サラダ、紅茶がついて1000円)は、みんなが大好きな国民食。ごはんにスパゲッティとマカロニが混ぜてあり、ヒヨコ豆、レンズ豆、トマトソース、揚げたタマネギと混ぜて食べる。たっぷりの炭水化物と豆でおなかいっぱいになる一皿だが、案外あっさりしている。
 馴染みのないスパイスなどが強いのかなと先入観で思っていたが、食べやすく優しい味。使うスパイスはたくさんあるが、使い方には「ルールがある」「コントロールが大事」とガマルさん。基本を大切にエジプト料理の道を極めてきた情熱とこだわりを感じた。
 デザートの「コンベラ」(800円)は、エジプトで人気のスイーツ。日本で食べられるのはここだけかも? プリン、ミルク粥、アイス、ジュース、生クリームの「パフェ」のようなもの。甘さ控えめでもボリュームがあるので、ランチの後なら一つを数人でシェアがおすすめ。

店舗情報:清瀬市野塩5・291
電話番号:080・8715・5170
営業時間:昼・11:30~15:00
     夜・17:00~24:00
定休日:月曜日

ガマルさん。「日本でもっともっとエジプト料理を広める」のが夢。スポーツ万能で、サッカーやハンドボールが好き

ガマルさん。「日本でもっともっとエジプト料理を広める」のが夢。スポーツ万能で、サッカーやハンドボールが好き

Comments are closed.