vol.45 Seven Bells Cafe セブンベルズカフェ

気軽に菜食を取り入れ体のバランスを整える

01_P118_tabecoco_03 かつて立川駅グランデュオ7階の「立川中華街」にあった台湾素食「健福(チェンフー)」の店長、莊美蓮(ツァンメイリェン)さんが、2015年にはじめた店。
 「素食」とは「菜食」のこと。「台湾では人口の15%くらいが菜食」と莊さん。「ふだん菜食ではない人も、体のバランスを整えるために定期的に菜食にしたりします」。菜食が日常に根ざしているので、屋台から、高級レストランまで、さまざまな菜食の店があるそうだ。
 仏教で避けられる匂いの強い野菜「五葷(ごくん)」にあたる「にんにく」「にら」「らっきょう」「ねぎ」「あさつき」も使わない。とはいえ、堅苦しさはなく、ランチの「春巻きセット」(880円・税別)は、椎茸や野菜のうまみがたっぷりの春巻きでごはんがすすむ庶民的な味。また、こだわりなくスパゲティやサンドイッチなどのメニューが並ぶのもおもしろい。
 随所に医食同源の知恵がある。デザートの「仙草ゼリー」(500円)の「仙草」は、漢方生薬として知られるシソ科の植物。体を冷まし暑気あたりに効果があるとされるので、暑くなるこれからの季節にぴったり。整腸作用があるという「決明子(けつめいし)茶」(500円)も、ほんのり甘く飲みやすいので食後にいい。

店舗情報

住  所:立川市高松町3-21-13 サンパーク立川地下1階
電話番号:042-521-6585
営業時間:9:30~22:00
定休日 :水曜日(不定期に臨時休業あり)

「ランチのごはんは、玄米か白米を選べます。ごま塩をふって食べてくださいね」

「ランチのごはんは、玄米か白米を選べます。ごま塩をふって食べてくださいね」

Comments are closed.