vol.48 創作フレンチ ラトリエ・デュ・グー

裏通りにそっとある心も温もる家庭的なフレンチ

01_P127_tabecoco_11 吉祥寺第一ホテルの裏通りは、しゃれたお店が並ぶ人気の路地。そのひとつ、開店9年目のフレンチレストランは、常連客から「ラトリエ」とか「グー」と呼ばれる。店名「ラトリエ・デュ・グー」は、「味の工房」という意味。
 シェフの芳根綾子さんは、吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。短大卒業後、都内有名ホテルのメインダイニングであるフレンチレストランの厨房に入った。8年ほど勤めた後、渡仏し、二ツ星、三ツ星のレストランでも修行。 帰国して今の店を開いた。ランチは、パスタランチやプレートランチが1000円台から。ディナーは、コース料理もあるが、定番メニューと黒板に書かれたその日のおすすめから、自由に選ぶスタイルが楽しい。
 この日は、スライスタマネギ山盛りのサーモンの香草岩塩漬け、舞茸ソテーとふわふわ玉子に「えび塩」の旨味が合う一皿、本日のお魚のソテーを選んだ。スズキのソテーに添えられた野菜は、「添えられた」と書くのが失礼なほど種類豊富でたっぷり。スズキにかかった「和風香味ソース」は、長ネギとニンニクと醤油を合わせた、なじみ深いほっとする味だ。
 フランスでホームステイしていたときに、その家のマダムがつくる料理がおいしかったことや、街の気軽なビストロにもよく通っていたことから、「クラシックなフランス料理だけではなく、家庭料理にもひかれ、自分の店ではそうした料理も出したいと思っていました」とのこと。
 芳根さんが一人でまかなえる範囲の小さな店だ。カウンターごしに料理する姿を見ながら、秋の夜長に一人でワイングラスを傾けるもよし、友人とお喋りしながら食べるもよし。

店舗情報

住所:武蔵野市吉祥寺本町2-8-9ルミナス吉祥寺1F-B
電話番号:0422-28-7907
定休日:火曜日 
営業時間:昼・11:30~15:00(LO14:30)
 夜・17:30~23:00(LO22:00)

「みんなが笑顔になれる、おなかだけでなく気持ちも満足してもらえる味をつくっていきたい」

「みんなが笑顔になれる、おなかだけでなく気持ちも満足してもらえる味をつくっていきたい」

Comments are closed.