vol.64 蕎麦ダイニング くはら

おいしい料理とお酒を楽しみお蕎麦でしめる、至福の時間

 西武新宿線小平駅南口を出て南。15分ほど歩くと、住宅の1階にモダンな造りの店がある。
 蕎麦屋が、庶民的な店から高級店まで幅広くある中、「真ん中くらいの店」と、店主の久原哲也さん。自家製蕎麦とバランスのとれたつゆ。素材を吟味し季節感を大事にした料理が揃う。友達を誘ってのランチから、ひとり呑みの夜まで、蕎麦屋の楽しみを満喫できる店。
 久原さんの実家も蕎麦屋で、両親がこのすぐ近くで営んでいた。高校を出て、横浜の蕎麦屋で修行、その後、実家を手伝う時期もあり、2013年に独立した。蕎麦一筋に32年。横浜の店では、「味覚散歩」と称して、他所の人気店を食べ歩きさせてくれた。いろいろなタイプの店を知った経験も、今につながっている。
 イラストは、別の日に食べた2回分。「鴨せいろ」(1230円・税別)。「葉わさびと長芋のおひたし」(700円)、「キスとメゴチの天ぷら」(750円)をつまみにお酒もいただき、最後に「もりそば」(630円)。天ぷらは綿実油だけを使い、胃にもたれないと好評だ。
 久原さんも、共に店に立つ妻の佳代子さんも、小平で生まれ育ち、ご近所との結びつきも強い。お客さんとの楽しそうな会話が耳に優しい。年越しそばの生蕎麦予約数は年々増えている。

営業時間

住所:小平市学園東町3-12-2-2
電話番号:042-346-8622
営業時間:昼・11:30~15:00
     夜・17:00~21:00
定休日:月曜日

「お酒も、酒屋さんと相談して、メニューに合うもの季節のものを仕入れていますので、お楽しみに」

Comments are closed.