vol.46 HOLIDAY ホリデー 

 

居酒屋心地のレストランランチは気軽にガレット

01_P120_tabecoco_01 桜まつりでおなじみの府中の桜通りを駅寄りに一本入った路地にある。出どころのはっきりした安心食材にこだわり、女性一人でもくつろげる店として、昨年12月に開店したスペイン風ダイニングレストラン。
 店主の桑原伸悦(くわばらのぶよし)さんは、「サーフィンがしたくて」15歳で単身渡米。カリフォルニアの寿司店を手伝ううちに料理に興味を持ち、3年後に帰国して調理師学校に入学。卒業後に、国内、ヨーロッパの名店でも働き、もっとも心魅かれたのが「バスク」だった。スペインとフランスにまたがるバスク地方は独自の文化があり、料理に関して特別な情熱を持つことで知られる。「バスクの人たちの、食材への愛、食べることを楽しまなきゃダメという思い」に影響されたと振り返る。
 そうした経験の中で、「おいしいワインで食事ができ、堅苦しい決まりなんかなく、大衆居酒屋のように楽しめる」という今のスタイルができた。ランチは、そば粉のクレープ「ガレット」。これも、広く知られるフランス、ノルマンディ地方のガレットというより、バスクのガレットにならっている。中の具は毎日数種類用意され、1種類(800円)か2種類(1200円)選ぶ。どちらもスープとドリンクつき。1200円の方にはプチデザートもつく。
 夜はワインとムール貝がおすすめ。瀬戸内の無農薬レモンを使って仕込む「レモンサワー」もリピーターが多い。

店舗情報

住  所:府中市府中町1-27-1 パークロード107
電話番号:042-403-1231
営業時間:昼11:30~15:00(LO14:00)
     夜17:30~22:30(LO22:30)
定 休 日:月曜日

狩猟免許も持っているという桑原さん。「ジビエ料理もおすすめです」とのこと

狩猟免許も持っているという桑原さん。「ジビエ料理もおすすめです」とのこと

Comments are closed.