vol.35 食堂・音楽室 アルマカン

音楽に包まれた空間ゆっくり流れる時間

01_P098_tabecoco_01 JR吉祥寺駅南口から西荻窪方向に徒歩7分ほど。繁華街の喧騒から離れた小さな店には、教会の椅子や学校の椅子などのアンティーク家具、アコーディオンやマンドリンなどの美しい楽器。マンドリンに似たブズーキという弦楽器をはじめとした、アイルランド音楽の演奏者である中村大史(ひろふみ)さんと妻の詩織さんが営む。
 二人がふんわり思い描いていた、音楽を伝えられるカフェをいつかやれたらという夢が、この場所に前あったレストランの閉店をきっかけに実現、昨年4月に開店した。
 料理学校を出てカフェの厨房で働いていた詩織さんが料理を、店内BGMのセレクトや月に一度の演奏会は大史さんが担当する。
 スパイスを生かしたメイン料理と野菜たっぷりの副菜、サラダや赤米ごはんをワンプレートに盛り合わせたアルマカンプレート(950円・スープを付けると1160円)。料理もサービスも詩織さんひとりでやっているので、急いでいる人にはおすすめしない。「混むとお待たせしてしまうこともあるけれど、既製のものを使ってスピードアップしようとは思っていない」と詩織さん。コーヒーもハンドドリップでていねいに入れてくれる。忙しい日々にも時間をつくってここで過ごすことで、自分らしさを取り戻せる気がする。

店舗情報

住所:武蔵野市吉祥寺南町2-21-8 
電話番号:0422-29-9222
営業日:月火金土・11:30~21:00(LO20:30)
    水日・11:30~18:00(LO17:30)
定休日:木曜日(ほかに不定期でのお休みもあり)

中村詩織さん。「自分たちが楽しいと思うことをやろう、とはじめたお店です」

中村詩織さん。「自分たちが楽しいと思うことをやろう、とはじめたお店です」

Comments are closed.