vol.21 みんなが大好きジャージャー麺

ジャージャー麺は日本円で500円前後。出前も一番人気

ジャージャー麺は日本円で500円前後。出前も一番人気

 アンニョンハセヨ! ソンヒョンです。
 今日は韓国で外食ナンバーワンのジャージャー麺を紹介します。ジャージャー麺は1950年代半ば頃インチョンのチャイナタウンにある中華料理屋で初めて紹介されたと伝わっています。たっぷりの玉ねぎと人参、キャベツと豚肉を中国の春醤(チュンジャン、中国の味噌)で炒め、うどんの上にのせて麺と混ぜながら食べます。野菜の甘みと肉の旨みが絶妙的で爆発的な人気で韓国の国民食として全国に広がりました。それまで米が主である韓国の食生活にツルツルスッと食べる麺は驚きの物でした。お誕生日や入学式など特別な日には中華屋に行きジャージャー麺を食べるのが楽しみで、韓国人なら誰でも思い出があるほど親しい食べ物で、子ともの時初めて食べた“思い出のその味”として愛されています。私も甘くて辛くないその旨みに感激しながら食べた記憶が残っています。
 今でも韓国人8人の内1人は毎日ジャージャー麺を食べて、一日平均600万皿が消費されるほど人気が高い国民食です。 最近では2月14日のバレンタインデーにも、3月14日のホワイトデーにもプレゼントを贈る恋人がいない若者たちが黒い服で集まって真っ黒いジャージャー麺を食べながら互いのわびしさを慰める4月14日のブラックデーもあるそうです。(韓国語講師 金善瑩 キム・ソンヒョン=八王子市)

Comments are closed.