vol.8 香りで生活にメリハリをつけよう

インテリアとしてアロマポットを楽しむ

やる気を起こし目覚めさせるローズマリー精油、良い眠りやリラックス効果のあるラベンダー精油など、生活の中で活用できる香りをご紹介してきました。1日の中でこれらの香りを使い分けることで、生活にメリハリをつけ体調管理に役立てることができます。

朝は目覚めの香り

午前中から昼間にかけては、体は活動が活発になる時間です。ローズマリー精油やレモン精油は、交感神経を優位にさせて私たちの体を活発にさせます。仕事をしたり、家事をしたりとやる気や集中力を促してくれます。

夜はリラックスの香り

夕方から夜にかけての時間帯は、良質な睡眠へ準備が始まります。ラベンダー精油やスイートオレンジ精油などは、副交感神経を優位にさせて私たちを緊張から解放し、リラックスモードへと促して、睡眠の改善、不安軽減などにおすすめです。

認知症の予防にも

香りを昼夜で使い分けることで、概日リズム(朝に目覚め、夜は眠くなるなど24時間周期で起こる生理現象)を整えることが期待できます。こうしたことが、認知症の予防にも期待できると大学などで研究されています。アロマポットやティッシュなどに合計2〜5滴垂らして、香りを嗅ぐだけでOKです。
美的ナチュラル生活 https://www.chaoffy.jp
(セラピスト・押田朝子=国立市)

Comments are closed.