vol.7 香りで花粉シーズンを乗り切ろう

初夏の頃の杉林

桜の開花予測が出始める頃になると、花粉シーズン到来ですね。私も目や鼻のむず痒さ、くしゃみなどの症状を和らげるのに精油を活用しています。今回はその使い方をご紹介します。

花粉症にオススメの香り

くしゃみや鼻水を減少させたい時に私がよく使うのが、ラベンダー精油とユーカリ精油です。これらを1滴ずつティッシュに垂らして、症状を鎮めたい時に嗅ぐようにしています。鼻に近づけ過ぎると香りがきつく感じやすいので、ティッシュを鼻の前で揺らしながらゆっくりと嗅ぐようにします。ユーカリのスッキリとした香りで鼻の通りも良くなります。2種類の精油を併せて使うことで相乗効果がありますが、どちらかの精油1種類でも良いでしょう。
またこの他にも、ローズマリー精油、ティートリー精油、カモミール精油などもオススメです。アロマセラピー専門店では必ず「テスター」がありますので、お好きな香りを選ぶといいですね。

栄養や睡眠のバランスも大切

香りだけで万事OKではなく、ビタミンCの摂取や、睡眠も欠かせません。前回記事でご紹介したラベンダー精油は睡眠を整え、症状の緩和にも役立ちます。生活習慣も整えて花粉シーズンを乗り切りたいですね。
美的ナチュラル生活 https://www.chaoffy.jp
(セラピスト・押田朝子=国立市)

Comments are closed.