vol.6 眠りと香りの関係

リラックスの代表「ラベンダー」

睡眠が良くない、なかなか寝付けない、夜中に何度も起きてしまうなど、睡眠に悩みを抱えている人は多いと感じています。コロナ禍での知らず知らずのストレス、ライフスタイルの変化による運動不足、また年齢的なことなど要因は様々あるかと思います。日々の健康を維持するには、質の良い睡眠は欠かせないものです。今回は睡眠の改善におすすめの香り活用術をご紹介します。

よく眠れる香りラベンダー

眠りを促す香りとして有名なのが「ラベンダー」です。もっともポピュラーな精油の一つで、リラックスしたい時にはオススメの香りです。ストレスを和らげ穏やかにし、気持ちを安らかに導いてくれます。

腹式呼吸でさらに相乗効果を

眠りの質を高めるにはリラックスすることが大切です。一番簡単なリラックス方法は深い呼吸です。特に腹式呼吸は日常で簡単にできるリラックス方法としてオススメです。寝る前に1・2分、鼻からゆっくり息を吐き出し、次はお腹を膨らませるようにゆっくり鼻から息を吸います。この時に、ラベンダー精油をティッシュに1滴垂らし、枕元に置いて行うと香りとの相乗効果も期待できます。睡眠の質を高めることで、疲労回復や免疫力向上にも役立ちますので、ぜひお試しください。
美的ナチュラル生活 https://www.chaoffy.jp
(セラピスト・押田朝子=国立市)

Comments are closed.