復興を追う

vol.32 津波は施設の直前まで迫った

vol.32 津波は施設の直前まで迫った

2015年3月5日号, 復興を追う 2015年3月5日 at 09:03 Comments are Disabled

 東日本大震災からもう間もなく4年目を迎えようとしている。語り継ぎたい思いがあって被害の大きかった東松島市を尋ねた。高台にあるケアハウスは、その後併設のグループホームを開設した。震災から今日までを追った。 海に浮かぶ孤島続きを読む

vol.31 復興の道のりはまだ遠い

vol.31 復興の道のりはまだ遠い

2015年2月5日号, 復興を追う 2015年2月5日 at 06:35 Comments are Disabled

 震災から1年半後の2012年9月、宮城県仙台市のNPO法人が冊子を創刊した。月刊「地域支え合い情報」だ。東日本大震災で被災者となった人々の暮らしを豊かにしたいと生まれた。現在まで29号を発行している。 あらたなご近所づ続きを読む

vol.30 流出を免れた家で「お茶のみ会」を続ける

vol.30 流出を免れた家で「お茶のみ会」を続ける

2015年1月8日号, 復興を追う 2015年1月8日 at 09:01 Comments are Disabled

 東日本大震災による津波が押し寄せた宮城県東松島。仙台から石巻まで続く仙石線の一部は海沿いを避けるようにして復興がすすんでいる。東名地区の旧線路沿いにぽつんぽつんと残る民家の一軒を訪ねた。 「オレの家だけが残った」  毎続きを読む

vol.29 仮設の新たな課題に向き合う

vol.29 仮設の新たな課題に向き合う

2014年11月6日号, 復興を追う 2014年11月6日 at 08:04 Comments are Disabled

 被災3県の中でも甚大な津波被害となった宮城県石巻市。震災から1年3カ月後に訪ねた巨大仮設と、そこで制度外の支援を行う「あがらいん」を今夏、再び訪れた。コミュニティーは復活したのだろうか。 人々の暮らしが息づく「場」にな続きを読む

vol.28 安心して暮らせる施設をつくった

vol.28 安心して暮らせる施設をつくった

2014年10月2日号, 復興を追う 2014年10月2日 at 08:10 Comments are Disabled

 宮城県石巻市に、東日本大震災による津波で全ての施設が全壊した事業所があった。海岸からわずか200メートルの地にあったためだ。震災後半年弱で事業を再開し、今年4月、さらに安全な地に施設の一部を移転した。 震災後は仮の事業続きを読む

vol.27 生きる力に背中を押された

vol.27 生きる力に背中を押された

2014年9月4日号, 復興を追う 2014年9月4日 at 08:10 Comments are Disabled

 前月号で紹介した大勢の死者を出した海沿いの特別養護老人ホーム(宮城県東松島市)で、奇跡的に助かった3人の利用者は現在も元気だという。3人を救い出した福田敏和さんは、震災後デイサービスを開所した。 一度は見失ったが再び発続きを読む