vol.30 「沈丁花」私の勘違い?

韓国の友だち(左)とソンヒョンさん=小石川後楽園

韓国の友だち(左)とソンヒョンさん=小石川後楽園

 アンニョンハセヨ。ソンヒョンです。先日、学生時代の友人が韓国から東京に来て十数年ぶりに会いました。初めて日本に来た友だちに都心に居ながら自然豊かで心を落ち着かせてくれる日本庭園と、韓国より一足早く咲く梅を見せたくて、小石川後楽園(文京区)に行きました。
 正門を入ってすぐ、友だちはあるものを発見して声を上げて喜んでいました。満開の沈丁花(ジンチョウゲ)でした。「どうしてこの花を知っているの?」と聞くと「大好きな花」だと言うので驚きました。
 私は韓国に居る間も日本に来てからも沈丁花を知らなかったのです。公園などに沈丁花が沢山咲いているのに気がついたのも最近です。ところが、友だちは「大好きで家でも育てている」と言うのです。沈丁花を知らなかったのは私だけかしら!
 友だちは韓国では沈丁花の香りが千里まで届くことで「千里香(チョンリヒャン)」ということも教えてくれました。そして、こんなに見事な沈丁花は初めてだと嬉しそうに写真を撮っている友だちを見ながら、韓国にも沈丁花があり、日本人と同じようにその香りから春の訪れを感じる人がいることを初めて知りました。
(韓国語講師 金善瑩 キム・ソンヒョン=八王子市)

韓国の友だち(左)とソンヒョンさん=小石川後楽園

韓国の友だち(左)とソンヒョンさん=小石川後楽園

Comments are closed.