vol.1 はじめてのアロマセラピー

セラピストの押田朝子さん

はじめまして、セラピストの押田朝子(国立市)です。アロマセラピーや東洋医学、気功や整体などの自然療法を用いて、20年以上サロンワーク(施術)や講師として活動しています。

アロマセラピーとは

アロマセラピーとは日本語で「芳香療法」といい、精油を使って健康美を整える自然療法の一つです。精油は、植物から抽出された100%天然の香りです。
暮らしの中で一番簡単な使い方は、ふんわりと香りを嗅ぐこと。たとえば、代表的な精油の一つにラベンダーがあります。ラベンダー精油を1〜2滴ティッシュに垂らし枕元におくと、副交感神経を優位にして心身をリラックスさせ、睡眠が改善されたり、イライラを和らげるなど、私たちの心身にうれしい変化をもたらします。香りは強すぎると気分が悪くなることもあるので注意しましょう。

精油選びのポイント

精油はラベンダー以外にもたくさんあります。精油選びのポイント2つ。1つ目は「この香りが好き」と感じたものを選びましょう。嗅覚は香りの好き嫌いがはっきりしており、自分の体調に合った香りを「いい香り」と感じます。
2つ目は、ラベルに以下の記載があるものを。①英語名と学名②原産地③使用期限、この3つです。アロマ専門ショップなど商品説明ができる定員さんのいるお店での購入がお勧めです。価格は5ml程度で数百円から数千円と幅があります。
「香りと暮らし」をテーマに、精油(香り)の暮らしに役立つ情報をご紹介していきます。
美的ナチュラル生活 https://www.chaoffy.jp

Comments are closed.