バックナンバー

vol.56 CAFE D-13、ときどき五味食堂

vol.56 CAFE D-13、ときどき五味食堂

2018年7月5日, 食べcoco 2018年7月5日 at 13:12 Comments are Disabled

コーヒーとお菓子とカレー アメリカンハウスのカフェ  JR東福生駅の横田基地側に降り、八高線の線路沿いを5分ほど行った左。米軍ハウスをリノベーションしたカフェは壁が半分緑に覆われていて涼しげな風情だ。中に入ると、仕切られ続きを読む

武蔵野の歴史・昔話 紙芝居で伝えて10年 むさしの紙芝居一座

武蔵野の歴史・昔話 紙芝居で伝えて10年 むさしの紙芝居一座

2018年7月5日, 一面記事一覧 2018年7月5日 at 12:46 Comments are Disabled

7月14日吉祥寺で口演会  「吉祥寺になんで吉祥寺というお寺がないの?」「武蔵野に汽車が初めて走った日」など、武蔵野市の歴史や昔話を題材にした紙芝居口演を続けて10年を迎えた「むさしの紙芝居一座」。小学校や保育園、高齢者続きを読む

vol.47 野火止用水 -東村山市-

vol.47 野火止用水 -東村山市-

2018年6月21日号, あるcoco 2018年6月21日 at 11:18 Comments are Disabled

雨の日も晴れの日も心地良い用水沿い 涼風吹く伊豆殿堀  その昔、鎌倉街道や江戸街道など9本の道が交差していた「九道の辻」からすぐの八坂駅は、野火止用水が流れる上に見上げるように駅の高架のプラットフォームがあるのが面白い。続きを読む

幻の花「ムラサキ」 江戸むらさき復活の取り組み 檜原村で

幻の花「ムラサキ」 江戸むらさき復活の取り組み 檜原村で

2018年6月21日号, 一面記事一覧 2018年6月21日 at 11:04 Comments are Disabled

 かつて武蔵野の地に自生していた、初夏から夏にかけて小さな白い花を咲かせる多年草のムラサキ。暗紫色の根が、漢方薬のシコン(紫根)や草木染の染料として古くから重用されてきたが、今では絶滅危惧種だ。そんなムラサキが半世紀ほど続きを読む

vol.55 繭蔵 まゆぐら

vol.55 繭蔵 まゆぐら

2018年6月7日号, 食べcoco 2018年6月7日 at 09:48 Comments are Disabled

五感が喜ぶ蔵のレストランでゆっくりふだんのごちそう  青梅駅、東青梅駅のどちらからも徒歩約10分。大谷石と木でできた築百年の立派な蔵は、青梅夜具地の保管場所だったとのこと。緑に覆われた入り口を入ると、天井が高く、しっとり続きを読む

一人でも独りじゃない 医療と介護を受けながらその人らしく暮らす -ホームホスピス「楪(ゆずりは)」-

一人でも独りじゃない 医療と介護を受けながらその人らしく暮らす -ホームホスピス「楪(ゆずりは)」-

2018年6月7日号, 一面記事一覧 2018年6月7日 at 00:15 Comments are Disabled

 認知症やがん終末期などで一人暮らしは難しい。家族では介護しきれなくなった高齢者などのために、ホームホスピス「楪」を開設して4年余。運営母体のNPO法人理事長で、施設長を務める嶋﨑叔子さんは「有料老人ホームでも介護施設で続きを読む