今月の一面

武蔵野に佇む詩人の家

武蔵野に佇む詩人の家
2021年7月15日号, 一面記事一覧 2021年7月16日 at 16:16 Comments are Disabled

茨木のり子・没後15年、その詩と暮らしに思いを馳せる 西東京市東伏見 「わたしが一番きれいだったとき」などの詩で知られる詩人・茨木のり子が、2006年に亡くなるまでの半世紀を過ごした家が、西東京市にある。そのことを多くの続きを読む

vol.91 いな暮らし

vol.91 いな暮らし
2021年7月15日号, 食べcoco 2021年7月16日 at 16:31 Comments are Disabled

ふきぬける風も涼しい和の家でゆっくり楽しむ野菜のご馳走 JR南武線「矢野口」から多摩川方向へ徒歩8分。築60年ほどの木造二階家の一階。店長は稲城生まれの鈴木萌さん。萌さんの母、ともみさんが、東日本大震災後に「ご近所とのつ続きを読む

vol.7 信号無視、信号機破壊の政権

vol.7 信号無視、信号機破壊の政権
2021年7月15日号, 暮らしの中の経済学 2021年7月16日 at 16:18 Comments are Disabled

 安倍政権の政策、あるいは安倍首相の言動については、「アホノミクス」とか「息を吐くように嘘をつく」などといった批判が行われてきました。他の分野については知らず、こと経済政策に関しては、「信号無視」、加えて「信号機破壊」の続きを読む